食生活でDHAとEPAを摂取

昔は魚がメインだった

ご存知の通りだと思いますが、最近は魚を食べないという方が多くなっているといわれております。では、それが昔からそのようになっていたかといえば、そうではないと思います。むしろ、魚がメインで、肉は手の届かない食べ物であったと思います。

最近は贅沢になっていますが、それでも栄養のバランスを考えた食事でなければ、栄養失調になりますし、いろんな生活習慣病を誘発してしまいます。魚をメインに食べて、DHAやEPAを多く摂取しているために昔の方の寿命が長くなっていて、肉をメインに食べて魚を食べない方は寿命が短くなるという統計もあるくらいです。

また、DHAやEPAを多く含むものが魚であるということでわかりますように、魚を食べない方の認知症になる割合も高くなるともいわれておりますので、健康の面でも魚と野菜を中心とした和食が見直されていて、海外でもそれが浸透しつつあります。

もちろん、海外でも魚を食べる習慣はありますが、魚はフライなどのように油を使って調理することが多く、健康的とはいいがたいものがあります。

そして、魚の漁獲高が減っているということを言われておりますが、気候の変化だけが要因ではないと思います。そこには和食ブームで海外の方でも魚の漁獲高が増えていることも関連しているのではないでしょうか。海外で和食を食べるようになったということは日本もなおさら和食中心の生活をして、魚からDHAやEPAを摂取してもらいたいです。

乳首の黒ずみ解消へ、努力しています

健康を一番に考えて

先ほども触れましたが、魚の漁獲高が減っているということで魚の価格も高騰していることは確かなことです。それにマグロは絶滅の可能性があるともいわれております。そうしたことを考えて、日本では養殖の研究がされているくらいです。

ですが、マグロは養殖が難しいといわれていて、最近ようやく養殖が卵からできるようになったというくらいです。ほかの魚に関しても、養殖もある程度市場に出ているくらいですから、養殖のものが多くなっていくのかもしれません。それでDHAやEPAを摂取していくしかないのかもしれません

また、価格が高いのは魚だけではありません。そもそも、穀物、野菜、果物、肉に関しては輸入品が多く店頭に出ており、それらには現在関税がかかっているうえに消費税がかかっている状態になりますから、必然的に高くなっているわけです。

DHA,EPA,食生活,魚

魚も輸入品があり、それもそんなに安いというわけではありませんDHAやEPAに限らずほかの栄養素を必要量摂るためにはかなり費用がかかるということです。

ただ、高いから魚を食べない、高いから野菜を食べないでは栄養が偏ってしまい、それがDHAやEPAを体内からなくしていき、それが生活習慣病を誘発させることになってしまいます。健康のことを考えますと、値段のことは気にしても仕方がないのかもしれません。栄養面に対して、物価に対してはわたくしたちではどうすることもできない、政府でどうにかしていかなければならないことなのかもしれません。

魚を食べないリスク

今に限らず偏食をされている方はいますが、偏食をすることによって、いろんな病気を誘発させることになります。もちろん、魚を食べない、魚が嫌いということもDHAやEPAの摂取もありますが問題ではあります。

魚を食べることは昔から行われてきていたことであり、ごく自然のことだったはずです。しかし、手間がかかる、骨が苦手、嫌いとなってしまってはいけないわけです。ほかの食品を含めてバランスよく食べることが健康につながるのです。

また、魚を食べないということは、DHAやEPAが摂取できないということになりますから、最期まで自分の意思で行動する、記憶ができるといったことができなくなってしまいます。そうなりますと、自身にとってどういう思いになるでしょうか。不安でいっぱいになってしまうと思います。

そうなりたくないと思っているのでしたら、魚を食べることが必要になり、血液をサラサラに保つことが必要になります。血液がサラサラということはすみずみまで栄養がいきわたるということになるのです。

DHA,EPA,食生活,魚

ただ、ここで注意をしなければならないのが、食物アレルギーがあって、DHAやEPAを含む食品を食べられない方です。食べることができなくても、必要な栄養素ではありますから、医師に相談をしてサプリメントを服用しなければなりません。それが安全に栄養を摂る、健康的な生活を送ることができるということです。魚が嫌いなだけで魚を食べないのは問題がありますが、食物アレルギーということがあれば、致し方のないことなのです。